スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税(2) 日本の消費税率5%は低い?

よくヨーロッパの消費税(付加価値税)の高さが指摘されるが、実際にはヨーロッパの福祉大国は所得税も高い。たとえば幸福度No1のデンマークの場合は給料の半分が税金で持っていかれる。しかし教育費、医療費、福祉費用には金が掛からない。
ヨーロッパの福祉国家というのは、消費税(付加価値税)を財源にこうした高福祉が出来ているのではなく、高い所得税を含む税の再配分を行い高福祉を実現している。

OECD諸国の租税負担率(対国民所得比)
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/239a.htm

OECD諸国の租税負担率(対国民所得比)
(↑クリックすると画像が拡大します)

このグラフを見るとデンマークは一番高く69%、日本は下から2番目24.6%である。
この結果から日本は決して大きな政府などではなく、むしろ小さな政府だという感想をぼくはもつ。皆さんはいかがだろうか?
このように高福祉国家(デンマーク、スウェーデン、フィンランドなど)は、高負担である。そこで「そんな高い税金を高福祉国家の国民はちゃんと払えるのか?」という疑問もあるだろう。
しかし、こうした福祉国家は、大学に行こうと思えばただでいける。まっとうな職につきたいと思えばみな大学に行く。そうして社会に出ればみな納税能力がある。日本のように親の収入格差が子供の学力格差になるようなことはない。みんなが豊かだから、犯罪も少なくなるし自殺する人も少ない。
自殺率は人口10万人比では、日本が24.4人(2007年)で、デンマークは11.9人(2006年)である。こうした違いを読者には理解してもらえるだろうか?

次に国の税収における割合(構成比)を見てみよう。国際的に見て税収の構成比というのは以下のようだ。

所得・消費・資産等の税収構成比の国際比較(国税+地方税)
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/016.htm

所得・消費・資産等の税収構成比の国際比較(国税+地方税)
(↑クリックすると画像が拡大します)

これを見ると日本の消費税の構成比(2007年)は28.3%である。たった5%の日本の消費税率がじつは国の税収の3割近くを支えていることがわかる。
各国の消費税構成比(2007年)は

日本 28.3%
アメリカ 21.6%
イギリス 36.2%
ドイツ 46.8%
フランス 39.5%
スウェーデン 36.5%

ヨーロッパ各国の消費税構成比が高いのは、外国の観光客に負担してもらう分があると考えれば妥当だろう。面白いのはアメリカの消費税構成比は21.6% であり日本より低いものだ。

さらに、その下に備考が書いてあるが
--

日本の平成22年度(2010年度)予算における税収構成比は、個人所得課税:33.3%、法人所得課税:15.6%、消費課税:32.8%、資産課税等:18.2%となっている。

--

日本の消費税収構成比が32.8%(2010年度)もあるなんて、付加価値税標準税率25%もあるスウェーデンの税収構成比36.5%(2007年)と大して変わらない。
こんなにも日本の消費税収負担が大きいのに、日本はスウェーデンのように大学にただでいくことすら出来ない。何かおかしいと思わないだろうか?同じ税負担ならおなじ政府サービスを求めてもよいのではないか?

【Takky@UC】


[編集部より]
前回から3回シリーズで消費税を取り上げています。次回は2月18日(金)に公開予定です。
スポンサーサイト

テーマ : 税金
ジャンル : 政治・経済

FC2カウンター
プロフィール

nabe-party

Author:nabe-party
 「鍋党」(Nabe Party)の参加者がつくるブログです。
 「鍋党」は、再分配を重視する市民の会です。私たちは、格差の縮小と貧困の解消を目指し、国や地方公共団体による、富の再分配の強化を求めます。そのため私たちは、「官から民へ」ではなく、「私から公へ」を追求します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
著者別
Nabe Party Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。