スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の貧困は260兆円プラスアルファ?(でも乗数効果って…)

日経ヴェリタスが「企業に眠る200兆円」という特集を組んでいた。
これが文字通り企業の金庫でタンス預金になっているのだったらまずい。日本経済から200兆円の購買力が失われることになり、200兆円の商品が売れ残り、生産が停止し、雇用が失われ、労働者が200兆円貧しくなる。
その200兆円がすべて日本国債の購入に当てられ、政府がその金で何かの事業をして国民に支払い、もしくは直接国民にばら撒けば国民の収入は維持される。

一方で、
「銀行預金、融資に回らず、10年末の差額、最大の150兆円」
日本経済新聞 2011.1.11
だそうだけれど、この150兆円が銀行の金庫でタンス預金になっているのだったらまずい。以下同文。

ある国が10億ドルの商品を輸入すると、相手国では10億ドルの商品が生産され、国民の収入が10億ドル増え、雇用が生まれるが、輸入した国では10億ドルの商品が売れ残りもしくは生産されず、失業が発生する。
ものを輸入をすると、同時に失業も輸入することになる。
輸出をするとその逆のことが起こり、近隣窮乏化政策であるといわれる。

10億ドルの海外投資をすると直接自国民の収入が減り、雇用が失われ、投資先で10億ドルの収入と雇用が生まれる。

自国から購買力が失われ、雇用が失われる三点セットが、1、貯蓄、2、輸入代金の支払い、3、海外投資であるといわれる。

さて、
1、の貯蓄だけれど、前出の200兆円とか150兆円を見てもこの中には重なっているものもあるだろうしこれだけからはいったいいくらの購買力が退蔵されているかわからない。とりあえず貯蓄退蔵額Aとしておく。
2、については日本は出超で黒字が6兆円らしい。(これをB)
3、はウィキペディアの「対外資産負債残高」に266兆円という数字が出ていた。(これをC)ところでこの中にはアメリカ国債は含まれているのだろうか。(あちこち数字を見ると小さいもので40兆円、大きいものでは600兆円などというものもある。)わからないからとりあえずわかる数字だけでいくと、C-B+A=260兆円+Aの購買力が国内から失われ、260兆円+Aの雇用が失われ、労働者が260兆円+A貧しくなったことになる。この260兆円+Aの購買力を補充してやれば完全雇用が実現する。

260兆円とはどのくらいの額なのか。
1億2千万人で割ると一人当たり216万円。
ホームレスさんやホームレス君に一億円の住宅を建てると260万棟。
これだけあれば貧困対策として何とかなる、遊んで暮らせるほど豊かではないが、生活の必要は満たせるのではないだろうか。

で、
C-B+A=260兆円+A分のお金を印刷し、それを財源にして貧困対策を、たとえばベーシックインカムを導入する、というのはどうだろうか。この260兆円+Aを使い切ったとき完全雇用が達成される。

これはつまり、能力に応じて働き、必要に応じて受け取る社会が実現してしまうということなのですが。

ところで本当はアメリカ国債はいくら買っているのだろう。430兆円というのが一番ヒットするけれど。
何のトリックもなしに430兆円をアメリカに渡したりしたら、日本国内から430兆円の購買力が失われ、430兆円の商品が売れ残り、430兆円の雇用が失われ、430兆円労働者が貧しくなる。
河野太郎のブログを見ると、ようするに円高を防ぐための資金がプールしてあって、円高に振れそうなときに円売りドル買いをする。するとドルが手元にたまってしまうが国内ではドルは使えないのでアメリカ国債を買う、ということらしい。
それなら資金をプールした時点でお金が退蔵されてしまったわけだ。
でそれは円安にするためなわけだが、円安で恩恵を受けるのはたとえばトヨタのような輸出企業だ。彼らは安い労働力を求めて海外に出てゆき、日本の労働者が貧しくなればまた日本に戻ってくる。日本の労働者が貧しくなることが利益であるような企業にわざわざ便宜を図ってやっていることになる。何か間違っていないか。

きのう天木直人のブログを見たら「外貨準備」として110兆円積み上げてある、そうだけれど、これはもう買ってしまったアメリカ国債を含めての額なのか、それともまだ円として溜め込まれているのだろうか。後者なのだとしたらAは110兆円以上で、日本に発生している貧困は370兆円以上だということになる。
で、370兆円の購買力を補充する、というとき、ただ370兆円の紙幣を印刷するというのとはちょっと違うわけですよね。お金は何回転もするわけですから。ではいくら刷ればよいかというのは私には計算できない。

そこでふと思ったのですが、
どこかに「国民の口座」とか言うものを開設しそこに260兆円+Aの金額(この額は毎年改定する)を打ち込む。日本国民全員にキャッシュカードを渡し、支払いはそのカードで決済する(限度額も毎年変わる)。このときすでに貯蓄のあるお金持ちがこのカードで支払ったとしても、そのときは+A分が増えるだけだからそれでよい。
そうすれば貯蓄を没収するわけではないからお金持ちの損にはならず、国債を発行するわけではないから利子を払う必要もなく、企業も売り上げが増え、アメリカ国債も売らないからアメリカも怒らない。260兆円+Aを使い切れば完全雇用が実現する。

というのはどうでしょうか。ヘリコプターマネーよりデジタルっぽくてよいのでは。

【shn】

[編集部より]
記事へのご意見ご感想をコメント欄にお寄せ下さい。このエントリはmixiの「鍋党コミュ」のshnさんの投稿です。。
当ブログでは、mixiの「鍋党コミュ」参加者のみならず、読者の皆さまから広くブログに掲載するエントリを募集しますので、われこそはと思われる方はどしどし原稿をお寄せ下さい。投稿は、当ブログのコメント欄(非公開コメントの投稿が可能)などをご利用ください。心よりお待ちしております。
関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

■ Comment

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

nabe-party

Author:nabe-party
 「鍋党」(Nabe Party)の参加者がつくるブログです。
 「鍋党」は、再分配を重視する市民の会です。私たちは、格差の縮小と貧困の解消を目指し、国や地方公共団体による、富の再分配の強化を求めます。そのため私たちは、「官から民へ」ではなく、「私から公へ」を追求します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
著者別
Nabe Party Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。