スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「利潤」は世界を豊かにするか

ある画家が10円の画用紙に100円の絵の具で書いた絵が1億円でA財団に売れたとする。
世界には一枚の絵が財産として加わり、画家は9999万9890円を得たことになる。ところでここで一度確認すると、増えたのは一枚の絵だ。お金は増えていない。画家が支払った110円はいま画材屋さんの手の中にあり、A財団が払った一億円は画家の手に移った。画家は自分の絵に一億円の値がつけられたことに満足して一億円で絵をA財団に売り、A財団は一億円で絵が手に入ったことに満足して一億円を支払った。
ここには何の不思議もない。

ではここに商業資本が入り込んで、安く買って高く売る、利潤の極大化を目指したらどうなるか。

まず「資本」は画家からなるべく安く絵を仕入れ(たとえば1000円としよう)、A財団になるべく高く売る(たとえば1億円としよう)。資本の利潤は9999万9000円になる。
ところで、世界に一枚の絵を付け加えたのは画家であり、お金を払ったのはA財団だ。「資本」は何も付け加えていない。絵がより美しくなったわけではないし、お金をふやしたわけでもない。資本の取り分は本来なら仲介手数料程度のものでいいはずだ。

もう一回確認する。「利潤」は世界に何かを付け加えていない。
「利潤」はこのままでは世界からピンはねしただけだ。

このとき、転売目的で資産として抱え込んだらどうなるか。
思惑の額が2億円になり、3億円になり、世界がその思惑の額だけお金が増えたように見えるかもしれないが、それはバブルであり、実際に売るときには、たとえばそれが5億円であったとしても、そのお金は買った人から売った人に移動しただけであり、お金は増えていなかったことがわかる。

「一枚の絵」は実は値段があってないようなもので、一般的な商品の代表にはならないのだが、でも同じことは、「大工さんが建てた100件の家」でも、「ウォークマンというヒット商品」でもいえる。
家が売れて儲けが出たらそれは大工さんに還元されるのが本来だろうし、ウォークマンが大ヒットしたらウォークマンの開発製造チームのボーナスとして分配されるべきだ。
実は利潤を出してしまったら株主に配当を支払わなければならなくなるから、それよりは社員にボーナスを出し、社内交際費として自分たちで使ってしまうほうがまし、というのが日本型経営であった。
大工さんを買い叩いて家を安く仕入れ、労働者の賃金を引き下げて利潤を出したとして、その利潤が必要とされる生産分野に投下されて世界に新たな富をもたらすということに使われないとしたら、利潤は世界からのピンはねであり、利潤の分だけ世界は貧しくなるのだ。

「利潤は世界からのピンはね」
これはまさに大企業の内部留保に言えることである。
大企業は内部留保として総額で何兆円(ちょっとざっくり書いています)もため込んでいると言われている。

それらが労働市場に出回り、賃金として還元、流通されたら、消費が増え、世界に新たな富をもたらすことに繋がるのに、大企業はそれをしない。それらはただ眠っているだけ、世界からピンハネした利潤を眠らせてるだけなのだ。

【shn】

[編集部より]
記事へのご意見ご感想をコメント欄にお寄せ下さい。このエントリはmixiの「鍋党コミュ」のshnさんの投稿です。
当ブログでは、mixiの「鍋党コミュ」参加者のみならず、読者の皆さまから広くブログに掲載するエントリを募集しますので、われこそはと思われる方はどしどし原稿をお寄せ下さい。投稿は、当ブログのコメント欄(非公開コメントの投稿が可能)などをご利用ください。心よりお待ちしております。
関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

■ Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうも解らない

>まず画家が110円で画材を買った。ここまでは別に問題はないですね。(110円はいちいちめんどいので無視します。)
>次に転売をさせる都合上、財団をA,B,C3つ登場させます。各財団はそれぞれ10億円のお金を持っています。
> 1. 画家がA財団に1億円で絵を売った。
画家が持っているお金1億円、A財団が持っているのは9億円と一枚の絵。BC財団が持っているのはおのおの10億円。
>合計すると30億円と一枚の絵。
> 2. A財団がB財団に2億円で絵を転売した。
画家が持っているのは1億円。A財団が持っているのは11億円。B財団が持っているのは8億円と一枚の絵。C財団が持っているのは10億円。
>合計すると30億円と一枚の絵。
> 3. B財団がC財団に3億円で絵を売った。
画家が持っているのは1億円。A財団が持っているのは11億円。B財団が持っているのは11億円。C財団が持っているのは7億円と一枚の絵。
>合計すると30億円と一枚の絵。

>お金は増えていませんね。

「お金」だけで見ればそうなるってだけで、例えばその絵は現金に換算してどんな資産価値を持つとかってのはどうなんでしょ?例えば農業生産物だったら腐ったりもしますし機械や設備なら老朽化しますから、最初に生産したまんま何ら価値が変化しないってのは考え難いのではないでしょうか?(絵だって流行り廃りがありますし、年月が経てば修繕の必要があります)

また、最初に売った1億円と後で売った2億円や3億円が等価なのかって問題もあります。その間に価格上昇が起こったりして、実は1.と3.の取引は経済社会全体で見たら殆ど価値として変わらなかった、って可能性もあるのでは。また運良く転売に成功したケースばかり挙げていますけど、現実には損切りすることも不良資産として抱え込むこともあり得る訳で、それを無視して「安く買って高く売る」行為を糾弾しても何も生産的ではないと思います。現実の経済世界では様々な商取引や貿易・サービスに多くを負っていて、仮に商取引を全て無くした極端に閉鎖的な自給自足社会にでもなれば、著しく生活水準が悪化する・・・とまでは言えなくても少なくとも改善される可能性は無きに等しいでしょう。

損得双方でゼロサムになると言っても実際には商取引で様々な費用が発生したり或いは投機の波に実需が巻き込まれたり、ほんの一握りが得しても社会全体が苦しんだりする、って現実社会とはかけ離れた机上の空論って気もします。

>これは労働価値説ではありません。重農主義者が重商主義者に対してなした批判、商業は国を豊かにしない、をアレンジしただけです

え?労働価値説の起源って重農主義者による重商主義者批判ですよ。交易による損得=貿易の差額が富の蓄積を生むって議論に対し、生産活動・特に農業の重視を訴えた訳ですから。マルクス何鱈と言っていたから、ご存知だと思ってたのですが・・・・・

>絵の場合再生産も出来なければ社会的労働でもないし抽象的労働でもないわけで、絵を例に挙げているというだけで、マルクスを少しでもかじったことのある方なら、これは労働価値説ではないと即座にお分かりになるはずなのです

すいません、それじゃ例示として余りに不適切に過ぎるのでは。そもそも、現実には生産活動ばかりか商業やサービスによって多くの付加価値や雇用を生んでいるのですから、それを今更の如く昔話を持ち出しても何も実感が湧かないのですが。

おことばではありますが

杉山様

本論に入る前にお言葉を返すようですが、わたしは「価値」ということばはなるべく使わないようにしているのですが、わざわざ太字で強調されているところを読んで、あれ、うっかり使っていたかと元の文を読み返してみたのですがやはり使っていません。ですので
「単純にひとりの売り手と一人の買い手がいて、単純に労働価値だけで価格が決まるって巧くいくケースってそんなにあるの。」というのはおそらくあなたが想定されている「労働価値を単純に適用」される方たちのために取っておいてあげてください。

本論に入ります。
話が錯綜して来ましたので、また、1億と50万では計算がややこしいのでまとめさせていただきます。

まず画家が110円で画材を買った。ここまでは別に問題はないですね。(110円はいちいちめんどいので無視します。)
次に転売をさせる都合上、財団をA,B,C3つ登場させます。各財団はそれぞれ10億円のお金を持っています。
1. 画家がA財団に1億円で絵を売った。
画家が持っているお金1億円、A財団が持っているのは9億円と一枚の絵。BC財団が持っているのはおのおの10億円。
合計すると30億円と一枚の絵。
2. A財団がB財団に2億円で絵を転売した。
画家が持っているのは1億円。A財団が持っているのは11億円。B財団が持っているのは8億円と一枚の絵。C財団が持っているのは10億円。
合計すると30億円と一枚の絵。
3. B財団がC財団に3億円で絵を売った。
画家が持っているのは1億円。A財団が持っているのは11億円。B財団が持っているのは11億円。C財団が持っているのは7億円と一枚の絵。
合計すると30億円と一枚の絵。

お金は増えていませんね。
画家とAとBのお金はは1億円づつ増えていますがそれはCから移動しただけです。
で、これを続けていけばすべての人が1億円づつ儲かるかというとそうはいかない。なぜなら地球上の人口は有限だからです。
これはどこかで聞いたことがある。ねずみ講ですね。
安く買って高く売る、を繰り返すときは売り抜けられなくて損した人の損の分が得した人の得の分になるだけでお金は増えない。人のポケットからお金をさらって自分のポケットに入れた、それが投機的商業の利潤になる。

でもとの、「利潤は世界を豊かにするか」のこたえは、安く買って高く売るのでは世界は豊かにならない、です。

でこれは絵だけではなく、株式の投機でも同じです。バブルがはじけてばばをつかんだ人の損した分が誰かの利益になるのです。利益を大きくするためには損をする人を増やさなければならない。先日の毎日新聞に公的年金をやめて自分で投資をしたほうがまし、という記事がありましたが、これも公的年金に積み立てられてしまったお金には手を出しにくいが投機の世界に引き出して食い物にしようという話なのでしょう。

これは労働価値説ではありません。重農主義者が重商主義者に対してなした批判、商業は国を豊かにしない、をアレンジしただけです。
何故労働価値説とお思いになったか存じませんが、かつ労働価値学説に対してかなり強く対抗意識をお持ちのようにお見受けするのですが、労働価値説の説明に絵を持ち出すことはまず絶対にありません。労働価値説の場合「価値」を導くのにその商品の再生産に必要とされる社会的抽象的労働の総量、とか、かなりの手続きを経るわけなのですが、絵の場合再生産も出来なければ社会的労働でもないし抽象的労働でもないわけで、絵を例に挙げているというだけで、マルクスを少しでもかじったことのある方なら、これは労働価値説ではないと即座にお分かりになるはずなのです。

なので労働価値説を(マルクスを、といったほうがよいのでしょうか)批判なさりたいのであればマルクスの著作の初歩的なものでも一通りお目をお通しになってある程度の理解をされてからになさってはいかがかと思います。

ワルラスも社会主義者だったんだけど

shn氏:
うーむ・・・・・ワルラスを「経済が現実の市場と大きく乖離している」ってのなら、古典派経済学(マルクスは「究極の古典派経済学」とも言えるし)のセーも更に言えばアダム=スミスも同じ様な間違いを犯しているんだよね。と言うのか、現代経済学にしてさえグローバリズムとか貧富の拡大を強く批判しているスティグリッツやクルーグマンもいたりする(当然、理論の根本には効用理論とかがあったりする)し、立場を社会主義に移してみても一般均衡理論を基に計画経済を論じたランゲってのもいた訳で(ワルラスですら土地の国有を主張した社会主義者だったのだし)。

で、件の例を見ていて思うのは単純に一人の買い手と一人の売り手がいて、単純に労働価値だけで価格が決まるって巧くいくケースってそんなにあるの?って素朴な疑問が先ず来ちゃう。まさしく「現実の市場と大きく乖離している」としか思えない。

例えば、仮に(例で挙げた様に)10円の画用紙に100円の絵の具で絵を描いて当座の生活費とかも確保したいので50万円で売りに出したとする。で、買い手が1人だけならすんなり50万円で売れるってことになるんだけど、買い手が2・3人現れて競合したとしたらともすれば値段は50万円から上昇し、最高値をつけた買い手が50万円を超える額で買い取るってことになる。この場合の買い付け額は買い手にとっては絵画を買う効用を満たす費用ってことになるし、画家にとっては思わぬ利潤を生んだってことになるんだけど、これを不当なものと単純に非難できるものかは疑問符がつく。

また逆に50万円でも売れなくて、それでも現金収入が欲しいから当初の価格を値下げしてみるってことも充分あり得る。幸運にも買い手が見つかれば好いけど、売れなかったらそれこそ描いた分の原価・110円が無駄になったりしちゃう。そういうリスクってのが生産に於いても或いは商取引に於いても存在することを無視し得るのかってのも疑問だし、仮に買い手がその後色んな事情で仮に50万円よりも高値で売ったらどうなるの?ってことも考えちゃう。

取り敢えずはこれだけ疑問点とか書き連ねてみたので。

コメントありがとうございます

コメントありがとうございました。
ワルラスという名前を見て、あそんな人がいた、と昔を思い出してでも誰だっけとwikipediaを見たところです。
「一般均衡理論」「限界革命」あそうそう。懐かしいなあ、何しろ私のは30年も前の知識なもので。
でそのwikipediaの最後に
「ケインズはワルラスの一般均衡理論で想定されている経済が現実の市場と大きく乖離していることを強く批判し、ワルラス流の価格決定モデルは非現実的であると述べた。この批判は、ワルラス自身の方法論からいえば、それは問題が違う、ということになるだろう。他方、「新しい古典派」の理論家たちはケインズを異端と見なし、ワルラスの一般均衡理論を再評価する。」
とあるのを読んで、うんそれで私はワルラスを読むのをやめたのだったと思い出しました。
私は「完全雇用が成立するとは限らない」というケインズやマルクスに同意します。たしか、均衡点が任意の数だけ無数に存在する、とか言うのではなかったでしょうか。
でも何せ古い記憶なので読み直してみようかなあと思っております。
なお、オフィスワーカーの地位に関してのご指摘ですが、マルクスが「商業」は価値を付け加えない、というのを読んで私ははじめは「え、店員さんやトラック運転手は労働していないの」と奇異に感じたのですが、そうではなくて、店員や事務労働も価値に入るし、運送業は商業とは別に取り扱う、「商業」とは「投機的商業」のことを言っているのだと納得しました。
「粗雑な議論」というご指摘は、十分そうかもしれないと反省しております。この一文が成立した経緯を私のサイトの「鍋ブログ管理人さんとの対話」に再録しましたのでそちらを覗いていただけると少しはましかなとも期待しています。
今後ともよろしくご鞭撻の程お願いいたします。

あまりに乱暴過ぎる議論

いや、何と言うのかマルクスを聞き齧っただけで、ワルラス以降の市場均衡理論やナイトの利潤論・果ては昨今の行動経済学や情報の経済学ってのを全てすっぽかしている、乱暴な主張としか思えないんだけど。

ちょっと立ち止まって考えて欲しいんだけど、そもそも絵画に限らず全ての商品の価格って、売る側の労働や生活って問題と買う側の需要って問題の二つの側面があって、その両者が一致するとこが均衡価格ってのが経済学の教えるとこだったりするんだよね。この例で言うと、例えば絵を描いた画家が1億円の価値があると思い込んだところで、そもそも買い手がその価値を見出すとは限らないし、下手すればその画家がボッタクリをやっていると見る買い手だって存在し得る訳。まぁ、そうした情報の格差とか不確実性とか様々な売買双方のズレを埋め合わせるのが、実のところ仲介業とか商人とか或いはマネジメントのオーガナイザーだったりするんだけど。

どうもエントリを読んでいると労働価値説を単純に適用して、ともすれば仲介業者とか営業や事務に携わる層など何らかの形でバックオフィスに関わる層を、資本家同様に搾取者として捉えている危うさがあるって気がするんだよ。「ウォークマンが大ヒットしたらウォークマンの開発製造チームのボーナスとして分配されるべき」って言ってるけど、それってハイブリッドカーの開発チームを厚遇するために多くのワーキングプアを製造に従事させているどっかの自動車会社と何処が違うんだろうね?
非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

nabe-party

Author:nabe-party
 「鍋党」(Nabe Party)の参加者がつくるブログです。
 「鍋党」は、再分配を重視する市民の会です。私たちは、格差の縮小と貧困の解消を目指し、国や地方公共団体による、富の再分配の強化を求めます。そのため私たちは、「官から民へ」ではなく、「私から公へ」を追求します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
著者別
Nabe Party Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。